For the future

ambitious & act

未来の為に、大志を抱き行動する。

何もないと言われる町

​ないのであれば創る

この度は、弊社のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。

 

地方では地方ならでは喫緊の問題が多数あります。その中でも個人的に重要な課題だと思うのは、

2017年は総人口が、約17万人前後なのですが、釧路の行政の予測は、2040年には10万人になる予測だそうです。

それに加え若年層が地元から転出していく、地方の永遠のテーマ若者離れです。

『釧路には何もない、ここで人生の一生を終えたくない…』などの理由が、ほとんどです。

私も、10年以上前にはなりますが、同じ理由で札幌に転出しています。10年前と理由が変わってないのも驚きです。

 

行政は何も手を打てなかったのか?地方創生をどのように考えているのか?など賛否はあると思いますが、

一般的に誰しもが思いつく疑問だと思います。

ただ、そういった意見や思考は、人任せ的な意見なのではないかと思います。

 

自論にはなりますが、ではなぜ、若者達が地元を離れていくのか、一番の問題は、地方の若年層が、

地元で生活をしながら仕事についても、大志(夢)を持つイメージが出来ないからだと思います。

ただ、決して若年層が大志(夢)を持っていないわけではないと思います。でも、地元で生活や仕事をしていく過程で、

大志(夢)の持ち方や創り方が分からなくイメージが出来ないだけだと思いますが、

大志(夢)が持てない事だけが問題ではありません。後は、年収問題です。釧路の平均年収が、

2016年の総務省のデータによると、約270万円というデータがあります。このデータを見たときは、

素人見でも唖然としました。なぜなら、札幌に住んでいた頃、アルバイトでも福利厚生もしっかりしていて、

年収350万円以上あったからです。もちろん、お金が全てという事ではありませんが、かといって大志(夢)だけでは

モチベーションは保てません。要は全てはバランスだという事です。結論、年収300万以上があり、

夢が抱ける環境があれば、若年層の転出は、少なからず食い止められるのではないかと思っています。

 

だからこそ、そういったステージを創ってあげること、与えてあげることが、最も重要なんだと思います。

行政の責任にするだけではなく、自分達で創り与えるという思いや行動が、既に、地方創生の第一歩なんだと思います。

ただ、地方の中小企業やベンチャー企業は必至です。会社は存続しなければなりません。

 

まだまだ微力ではありますが、『未来の為に、大志を抱き行動する』をテーマに、

自分オリジナルの地方創生をしていきたいと思います。

 

代表取締役 小向 秀明

 

■電話・メールでのお問い合わせ

​   0154-39-0500 | info@onze-group.jp

■住所

​   〒085-0061 釧路市芦野5丁目30-22

■お問い合わせフォーム

 サポート担当者が迅速に対応いたします。

事業内容

お問い合わせ

 

確かな情報と行動力で、地元企業の経営インフラを支えます。

​コールセンター事業

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now